医療についての助成

医療についての助成

2016年6月19日

子ども医療費助成制度

子ども医療費助成制度は、義務教育修了までのお子さんが、保険診療でかかった医療費の自己負担額を区が助成する制度です。
制度を利用するには、申請手続きを行い、医療証の交付を受ける必要があります。
制度の説明、申請の方法などは、子ども医療費助成制度(目黒区ホームページ)をご覧ください。

養育医療(未熟児)

出生体重が2,000グラム以下または呼吸器系や消化器系の異常があるなどで、医師が入院養育を必要と認めた場合、指定された病院に入院すると、医療の給付を行います。
詳しくは、養育医療(未熟児)(目黒区ホームページ)をご覧ください。

身体障害児の自立支援医療(育成医療)

身体に障害のある18歳未満の児童で、手術等によって障害の改善が見込まれるかたを対象に、その医療費の助成を行っています。
詳しくは、身体障害児の自立支援医療(育成医療)(目黒区ホームページ)をご覧ください。

小児慢性疾患の医療費助成

この制度は、国が行う小児慢性特定疾病医療支援事業に基づき、その治療にかかった費用(保険適用分)の一部を公費によって助成するとともに、定められた対象疾病の治療方法等の情報を今後の治療研究に生かすものです。
詳しくは、小児慢性疾患の医療費助成(目黒区ホームページ)をご覧ください。

小児精神障害者入院医療費助成

精神障害及びそれに付随する軽易な疾病の18歳未満(20歳未満まで延長する場合あり)のかたで、精神科病床において入院治療を必要とする場合に医療費を助成します。
詳しくは、小児精神障害者入院医療費助成(目黒区ホームページ)をご覧ください。

療育給付

骨関節結核その他の結核によって、長期の入院が必要な18歳未満のかたを対象に、医療費の給付 及び 学習や療養生活に必要な物品の支給を行います。
詳しくは、療育給付(目黒区ホームページ)をご覧ください。