風しん抗体検査・予防接種

風しん抗体検査・予防接種

2016年6月21日

平成25年に成人男性を中心として風しんが流行しました。妊婦、とくに妊娠初期の女性が風しんにかかると、赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい・目が見えにくい・生まれつき心臓に病気があるなど『先天性風しん症候群』という病気にかかってしまうことがあります。
目黒区では、先天性風しん症候群の発生防止を目的として風しんの抗体検査及び予防接種の助成を平成26年4月1日から実施します。助成の対象となるかたは、区が指定する委託医療機関に直接予約後、必要書類を持参し助成期間内に予防接種を受けることができます。保健所での手続きは不要です。詳細については、こちら(目黒区ホームページ)をご覧ください。