子ども自身による相談・子どもの権利擁護

めぐろ はあと ねっと(子どもの権利擁護担当)

  • ちょっと話を聴いてほしい
  • 困ったことがある
  • いやな思いをした
  • 助けてほしい

…など、どんなことでも一人で悩まずに「めぐろ はあと ねっと」に電話をかけてください。皆さんからのおはなしを、相談員がよく聴いて一緒に考えます。

対象
  • 18歳までの方なら誰でも電話できます。また、18歳までのお子様をお持ちの保護者の方や関わりのある方も、どうぞ相談してください。
3つの約束
  • 誰でも相談できます。友だちのことでもかまいません。
  • 名前は言わなくてもだいじょうぶです。
  • 秘密は絶対に守ります。
相談日・相談時間(祝日・年末年始(12月29日から1月3日)は休みです)
  • 水曜日 午後1時から午後6時
  • 金曜日 午後1時から午後6時
  • 土曜日 午前10時から午後4時
相談方法

・電話相談
   0120-324-810
 フリーダイヤル(みつめよう あなたの はあと)
 携帯電話・PHSからもかけられます。
 通話料金はかかりません。

・来所相談
 電話予約のうえ、「めぐろ はあと ねっと」(目黒区総合庁舎別館2階(目黒区上目黒二丁目19番15号)へおいでください。

相談の流れ

・電話相談
 子どもや保護者などからの相談を電話で受けます。
 相談員が、話をよく聴いて一緒に考えます。

・面談(要予約)
 相談者の希望により、子どもの権利擁護委員(臨床心理士または弁護士)が面談し、じっくりと話し合います。

・申し立て
 子どもの権利侵害の申し立てがあった場合は、子どもの権利擁護委員が施設などに調査に行きます。
 申立て者や施設などの、関係者間の調査を行います。
 調査の結果、子どもの成長に影響を及ぼすと認めるときに子どもの権利擁護委員は、意見表明や改善の要請を行います。

(都)東京子供ネット(子供の権利擁護専門相談事業)(東京都児童相談センター)

権利擁護専門員は、面接相談に応じるほか、事実関係の調査を行いながら、関係機関への助言・調整活動等を通じて、子供の権利を守るための問題解決を図っていきます。
権利擁護専門員には、弁護士や福祉関係者などがなっています。

電話番号
  • 0120-874-374(フリーダイヤル はなして みなよ)
    携帯電話からも相談できます
相談日時
  • 月曜日から金曜日までは午前9時から午後9時まで
    土曜日・日曜日・祝日は午前9時から午後5時まで
    ただし、12月29日から1月3日を除きます
メッセージダイヤル

 24時間、子供たちが声や意見などを自由に入れられるメッセージダイヤルも設置しています。吹き込まれたメッセージは、編集し、再び電話で聞くこともできます。
 ・電話番号
  0120-874-376
  0120-874-378(吹込み専用)
 ・相談日時
  24時間受付

子どもの人権110番(法務省人権擁護局)

学校で友達から「いじめ」を受けて学校に行きたくない,親から虐待されている,でも先生や親には言えない・・・,誰に相談していいか分からない・・・。もしもそんな苦しみを抱えていたら,一人で悩まずに,私たちにお電話ください。法務局・地方法務局の職員,または人権擁護委員が,皆さんのお話を聞いて,どうしたらいいか一緒に考えます。相談は無料,相談内容の秘密は守ります。

受付時間
  • 平日午前8時30分から午後5時15分まで
電話
  • 0120-007-110

子どもの虐待防止センター相談電話

「イライラして、つい子どもに当たってしまっては後悔を繰り返している」
「自分の子どもなのにかわいいと思えず悩んでいる」
「子育てが上手くいかず、ついつい自分を責めてしまう」
こんな悩みをひとりで抱えていませんか.
普段なかなか言葉にできないあなたの気持ちを話してみませんか.

子どもの虐待防止センターでは、研修を受けた相談員(女性)が虐待の相談、子育ての悩みも受け付けています。
あなたのお名前を聞くことはありません。秘密を守ります。
お電話下さい。(電話代以外は無料です)

受付時間
  • 平日:10:00~17:00
  • 土曜:10:00~15:00
電話
  • 03‐5300‐2990

 >詳細はこちら