えほん「すごいよ ねずみくん」

目黒区子ども条例のえほん「すごいよねずみくん」

絵本1ページ画像

「ボクってダメなやつだから。」 ねずみくんは いつも そうおもっていました。
 

絵本2、3ページ画像

きのうまで ふりつづいた あめがあがって きょうは うそのような いいてんきです。ねずみくんは みんなと ピクニックに おでかけです。

でも「わあ きれい」って あおいそらを ながめていたら みんなに おいていかれて しまいました。

ひっしに おいかけて おいかけて やっと おいついたけど、だれも ねずみくんが いなくなったことすら きがついていませんでした。

ねずみくんは ”ボクって グズだから ダメなんだよね” と おもいました。
 

絵本4、5ページ画像

とちゅうでひとやすみしたとき、クマくんが 「いちごを いっぱいもってきたぞー。」 といって みんなに わけてくれました。 でも ねずみくんだけ「ボクも」といったのにわけてもらえませんでした。

このとき ”ボク こえがちいさいから ダメなんだよね” と おもいました。
 

絵本6、7ページ画像

かわらに ついて、みんなで ごはんをつくることに なりました。ねずみくんは サルくんと きつねさんとで まきひろいです。

やまのなかで まきをひろっていると たくさんのまきを かかえた サルくんがきて、「なんだ おまえ それっぽちかよ。」 と わらわれてしまいました。

このときも ”ボクって からだがちいさいから ダメなんだよね” と おもいました。

がんばって おおきなえだを いくつもひろったら ねずみくんは あっちにヨロヨロ こっちにフラフラ。 とうとう きつねさんに ぶつかって 「いたいじゃない どこみてんのよ。」 と おこられてしまいました。

このときも ねずみくんは ”ボクって ドジだから ダメなんだよね” と おもいました。

と、そのときです。
 

絵本8、9ページ画像

ビビビビビ…

かすかに じめんが ふるえたような かんじが しました。ねずみくんは なんだか こわくなって ”ボクって おくびょうだから ダメなんだよな” と おもいながら 「ねえ サルくん ボク あの どうくつに いきたい。」と、いって はしりだしました。

「おいおい なにいってんだ。」「ねえ さぼるきー?」 サルくんと きつねさんが おこって おいかけてきたとき、
 

絵本10、11ページ画像

ドドドドドドドドーーーーーー!!

がけが くずれてきたのです。「うわっ。」「ひゃあ。」「きゃっ。」
 

絵本12、13ページ画像

ギリギリのところで あなにとびこんだので 「ふう たすかったあ…」 でも でぐちが つちといしで ふさがれてしまいました。

どうやら きのうまでのあめで たっぷり みずを ふくんだつちが おもくなって すべりおちたようです。いくらおしても ふさいだつちは びくともしません。

「ああん どうしよう。」 どうくつのなかは まっくらです。

でも ねずみくんは ひっしで あなをほっていました。

すると、いしが ポロッととれて ちいさいあなが あきました。かすかに ひかりが さしこんできます。どうやら ねずみくんだけなら とおれそうです。
 

絵本13、14ページ画像

その ひかりに うかびあがった ふたりの かおを みてねずみくんは びっくり。いつもは あんなに じしんたっぷりの ふたりが すごく なさけないかおに なっていたからです。「ボク、このあなから たすけをよんでくるよ。」「おお たのんだぞ。」「おねがいね。」

ねずみくんは そうっと あなを とおりぬけると、ちからいっぱい じめんをけって はしりだしました。

「ボクが がんばって ふたりを たすけるぞ。」
 

絵本15、16ページ画像

かわらにつくと みんなは ごはんのじゅんびを しています。

ねずみくんは すぐに くまくんに 「ねえねえ くまくん たいへんなんだ。」と いったけど 「ボク いま やさいをきるのに いそがしいんだよ」と いって あいてに してくれません。

こんどは ウサギさんとイノシシさんに 「あのね ガケが くずれたんだ。」と いいましたが 「あらそう これがおわったら ゆっくり きくね。」 そういって しょっきを あらいに かわに いってしまいました。
 

絵本17、18ページ画像

それでも ねずみくんは どうしても みんなを つれていかなくては なりません。「よーし、こうなったら…。」

ねずみくんは ちからまかせに タヌキくんと イノシシさんのしっぽをつかんで 「えーい!」と ひっぱっていこうとしました。「いてててて。」「なにすんのよ。」

ねずみくんは はんたいに びゅんと はねとばされて ゴロゴロゴロと くさのうえに。
 

絵本19、20ページ画像

「ちぇっ。だれも ボクのはなしなんて きいてもくれない。どうせボクは ダメねずみだからね。あーあ あのふたりの ことなんて もう どうでもいいや。」

ねずみくんは これいじょう がんばるのが いやになってきました。みあげると そらはあおく どこまでも ひろがっています。そのそらに きつねさんと サルくんの なさけないかおが うかんできました。そのかおをみていたら いてもたっても いられません。 

「こうなったら ボクひとりでも やるしかないよ。」 ねずみくんは シャベルをつかむと はしりだしました。
 

絵本21、22ページ画像

どうくつに つくと、ガシガシと つちを ほりはじめます。でも ねずみくんが いくら ほったところで ほんのすこししか つちが どけられません。それでも あきらめずに ほりつづけると いつのまにか ねずみくんのては キズだらけになっていました。

だんだん ちからも はいらなくなってきます。「ああ やっぱりダメだあー。ボクってホントに…。」と、がっくりと くびを うなだれていると…。
 

絵本23、24ページ画像

とつぜん うしろから みんながやってきました。みんなは てに スコップやバケツをもっていてどんどん つちをどけていきます。

さすが くまくんです。おおきなスコップで ちからいっぱい あなを ほります。

イノシシさんは りょうてにもった ちいさな スコップを ものすごい はやさで うごかして ほりすすみます。

ウサギさんと タヌキさんは ほったつちを バケツにいれて どんどん うしろに はこびます。
 

絵本24、25ページ画像

「みんな すごいなあ。」 ねずみくんは みんなの はたらきぶりに しばらく ぼんやりと みとれて いました。

そして つくづく じぶんがなさけなくなりました。「ボクって グズで ドジで こえがちいさくて からだも ちいさくて ともだちを たすけることも できない。ホントに ダメなやつ…」

ねずみくんは ぎゅっと めをつぶりました。そのときです。
 

絵本26、27ページ画像

「ダメじゃないよ。」

うしろで だれかの こえがしました。「え?」 ふりむくと、きつねさんと、サルくんが たっていました。

「よかった たすかったんだね。」「うん、ねずみくんの おかげよ。」「あれから ボクたちおもったんだけど、ねずみくんは せが ひくいから じめんのようすが よくわかるし」「そう、ちいさいから きけんにも びんかんで あなも とおれたのよね。」「だから ねずみくんは ぜんぜん ダメじゃないよ。ありがとう ねずみくん。」
 

絵本28、29ページ画像

そしてみんなも くちぐちにこういいます。「そうだよ。ねずみくんがさっき あんまり ひっしだったから。」「わたしたちも きになって ここにきたのよ。」「がんばったね。」「すごいよ ねずみくん。」

ねずみくんは あたまのなかが ぼっとしました。
 

絵本30ページ画像

さあ あおいそらのした、いよいよ まちにまった ごはんです。みんなおなかがペコペコ。「いただきまーす。」 みんなのこえにまじって ねずみくんの げんきなこえも ちゃんと きこえてきましたよ。
 

絵本裏表紙画像

刊行

平成21年3月19日刊

発行者

目黒区

企画・制作

子育て支援部 子ども政策課